姉・梨紗子の姿と母のおにぎりが力に 川井友香子、レスリング姉妹金メダルの快挙を実感

2021年8月5日 12時23分

女子62キロ級で優勝し、モニターに映る家族と記念写真に納まる川井友香子=いずれも4日、幕張メッセで

 東京五輪レスリング女子62キロ級で金メダルを獲得した川井友香子(23)=ジャパンビバレッジ=が一夜明けた5日、東京都内で記者会見し、「いろんなテレビ局を回らせていただいたり、ニュースで自分が映っているのを見て、本当に金メダルとれたんだと実感している」と喜びをかみしめた。

◆スタンドから聞こえた姉の声

 2016年のリオデジャネイロ五輪で姉の梨紗子(26)=同=が同63キロ級で金メダルを獲得。夏季五輪で日本初の姉妹金メダリストとなった。4日の決勝では、スタンドで応援した姉の声が聞こえ「姿が見えるだけで力になった」。5日夜は、57キロ級決勝に臨む姉の練習相手も務める予定で「試合ぎりぎりまでそばにいて力になれれば」とサポートに徹する。

金メダルを獲得した妹友香子を見て涙ぐむ川井梨紗子

 自身の試合前には普段通り、母の初江さん手作りのミルクティーとおにぎり、地元の店のベルギーワッフルを味わったといい「五輪もいつも通りのことができたので平常心でいられた」と振り返った。

◆「実家でゆっくりと」

 大舞台を最高の結果で締めくくり「実家に帰ってゆっくり休みたい」とリラックスした表情。今大会の石川県勢ではメダル第1号となり、地元の応援に感謝しつつ「金メダルを取ったことで少しでも喜んでもらえたら本当にうれしい」と話した。

関連キーワード

PR情報

東京五輪・パラリンピックの新着

記事一覧