<新型コロナ>第5波の医療現場「受け入れもう限界」 埼玉医科大総合医療センター・岡医師が警鐘

2021年8月7日 07時36分

コロナ患者の治療に当たる医療スタッフたち=岡医師提供

 新型コロナウイルスの感染「第五波」で病床が逼迫(ひっぱく)し、医療現場の危機感が高まっている。中等症以上の患者を受け入れる埼玉医科大総合医療センター(川越市)の岡秀昭医師(感染症科)に状況を聞いた。(近藤統義)
 「先週は一日で六人のコロナ患者が入院した日もあった。受け入れ能力はもう限界で、現場の負担は冬の第三波を超えて今までで一番だ」。岡医師は第五波の猛威をこう語る。
 同センターですぐに入院できる即応病床は二十三床(重症用二床、中等症用二十一床)。四日時点で二十二床が埋まり、ほぼ満床だ。これ以外の確保病床として、重症用の集中治療室(ICU)四床、仮設病床十床も今週から稼働させた。
 仮設病床には症状が改善した四人を移し、感染症科以外の医師が対応する。「がんや心臓病なども診ないといけない中、何とかお願いして来てもらっている。確保病床を全て動かすには他の診療を停止する必要も出てくる」と危ぶむ。
 岡医師によると、第五波の特徴は「どこにでもいる普通の中年の入院が多いこと」。ワクチン接種の効果で高齢の患者が減る一方、現在は四十〜五十代が約八割を占める。
 四十〜五十代の患者は中等症から回復すれば、高齢者に比べて入院期間は短い。「これなら楽だと思うかもしれないが、退院してもすぐに新たな患者が入ってくる。次々と客が入れ替わる牛丼屋さんのようだ」
 重症の場合、高齢患者は本人や家族が人工呼吸器の装着を望まないケースも少なくなかったが、四十〜五十代はほぼ全てが呼吸器での治療になる。「人の命に差はないが、必ず助けないといけないプレッシャーは強い」と明かす。
 新規感染者が増え続けても、重症者や死亡者数は抑えられていると楽観視する声に対し、岡医師は「最前線にいる立場からは憤りを感じる」とした上で、背景に症状の重さが社会で十分に共有されていない問題があると考えている。

感染「第5波」への危機感を語る岡医師=いずれも川越市の埼玉医科大総合医療センターで

 厚生労働省は中等症について、呼吸不全で酸素投与が必要な「Ⅱ」と、それ以外の「Ⅰ」に分けている。「中等症Ⅱ(の症状)は海外では重症に分類されることもあり、軽く見てはいけない。重症も呼吸器という生命維持装置を着けた危篤状態だと理解すべきだ」と強調する。
 政府は二日、コロナ患者の入院対象を主に重症患者に制限する方針を示し、与野党などから批判を受けて修正した。病床逼迫を防ぐのが狙いと説明するが、岡医師は「もし軽症者を診ている病院にも重症者を入れる思惑なら、無理な話だ」と疑問を呈す。
 重症度が高くなれば専門医も必要になるとし、「ベッドはただのハコではない。重症病床を確保できるのか、その見込みを示さないといけない」と指摘。四十〜五十代へのワクチン接種の加速を求める。
 感染拡大の懸念とともに始まった五輪が閉幕に近づく中、コロナ禍が収まる気配はない。岡医師は厳しい表情で訴える。「これからお盆休みで感染者はさらに増える。このままでは本来、救える命が失われる恐れがある。政府にはもっと危機感が伝わるメッセージを発信してほしい。コロナは決して風邪ではない」

関連キーワード

PR情報

埼玉の新着

記事一覧