<新型コロナ>神奈川県で過去最多の2166人が感染 横浜、初の1000人超…横須賀の海自部隊でクラスター

2021年8月9日 18時03分
 神奈川県内で9日、過去最多の2166人の新型コロナウイルス感染が明らかになった。県と5市の保健当局が発表した。2000人を超えるのは2回目。6割に当たる1319人の感染経路が分かっていない。死亡者の発表はなかった。
 横浜市は過去最多の1139人の感染を発表した。1000人を超えるのは初めて。それぞれ3~4人の感染者が出ていた市内の認可外保育施設、市立中学校部活、放課後デイサービスで新たに1~4人の感染者が確認され、いずれもクラスターに認定した。
 県は282人を発表した。このうち男性3人は県内の私立大の運動部員。感染が判明していた男性6人と合わせ、クラスターに認定した。全員、平塚保健福祉事務所管内にある寮に入っていた。別の7人は平塚市まちづくり財団が開いた音楽関係の講座の参加者ら。これまで講師ら3人の感染が確認されており、クラスターに認定した。財団によると、講師と参加者の距離は2メートル以上開け、窓を全部開くなどの対策をとっていたという。
 川崎市は424人を発表した。既にクラスターとなっている川崎区の特別養護老人ホームで、入居者の女性が新たに陽性と判明し、感染者は職員を含め計11人に。幸区の有料老人ホームでも、新たに職員2人が陽性と判明して感染者が計7人になり、クラスターと認定された。
 相模原市は過去最多の171人を発表。4人の感染者を確認した中央区の放課後デイサービスで新たに利用者1人の感染が分かり、クラスターに認定した。
 藤沢市の新規感染者は96人。2日連続で過去最多を更新した。うち18人はクラスターが発生した市内の保育園の園児。感染が確認されていた職員ら9人のほかにもう1人が関連の感染者と分かり、クラスターは28人となった。
 横須賀市は54人を発表。4人の感染者が出ていた海上自衛隊の市内の部隊で隊員1人の感染が判明し、クラスターに認定した。

おすすめ情報

神奈川の新着

記事一覧