水森かおりさん北区PR 「大河ドラマ館」一日館長に

2021年8月13日 07時18分

一日館長を務めた水森かおりさん(右)と北区渋沢栄一プロジェクト広報キャラクター「しぶさわくん」=北区提供

 北区出身の演歌歌手の水森かおりさん(47)が十一日、区内の飛鳥山公園にある「渋沢×北区 青天を衝(つ)け 大河ドラマ館」の一日館長に任命され、区のPRに一役買った。
 放送中のNHK大河ドラマ「青天を衝け」は、北区ゆかりの実業家渋沢栄一が主人公。二月にオープンした大河ドラマ館は、渋沢役の吉沢亮さんら出演者が着た衣装や小道具が展示されている。
 水森さんは、一日館長として来館者を出迎え、館内を見学。コロナ禍で人が集まるのを避けるため事前告知はなく、突然の登場に来館者も驚いていた。
 公園のモノレール「アスカルゴ」では事前収録した水森さんの車内アナウンスを放送。飛鳥山で遊んだ思い出を披露した。
 区の情報発信を担う「北区アンバサダー」でもある水森さんは「大河ドラマを見て、ドラマ館に来ていただき、渋沢栄一をきっかけに北区がさらに盛り上がっていくとうれしい」と話した。(砂上麻子)

関連キーワード

PR情報

東京の新着

記事一覧