<横浜市長選 主な候補者アンケート>上瀬谷通信施設の跡地をテーマパークを核に再開発する市の計画をどう評価しますか(採点+跡地活用に関する考え)

2021年8月13日 07時41分
 横浜市の4年間のリーダーを決める市長選は22日に投開票される。カジノを含む統合型リゾート施設(IR)誘致や中学校給食のあり方など告示前企画「争点を行く」で取り上げた5つの課題を含む10の課題と、個人の信条や信念について、本紙が主な候補7人に行ったアンケートの回答を紹介する(100点満点で採点する項目に、具体的な点数を付けない候補もいる)。
【関連記事】横浜市長選の記事一覧
(届け出順)

◆太田正孝(おおた・まさたか)さん(75) 無新

 0点
 私は大自然公園化構想を持っています。自然環境保全を第一に市民の皆さまと相談してまいります

◆田中康夫(たなか・やすお)さん(65) 無新

 25点
 国道16号、環状4号に隣接の東京ドーム51個分跡地に消防・救急と医療・保健のレスキュー拠点を建設

◆小此木八郎(おこのぎ・はちろう)さん(56) 無新

 採点はしない
 博覧会後は、地域の声をしっかり聞いた上で、緑地公園やスポーツなどへの支援や振興

◆福田峰之(ふくだ・みねゆき)さん(57) 無新

 採点はしない
 分散型エネルギー確保の必要性を踏まえ、再生可能エネルギー及び水素の生産拠点とすべきだ

◆山中竹春(やまなか・たけはる)さん(48) 無新 立

 80点
 花博は必ず実現させたい。跡地は民間地権者の理解を得て市西部の拠点にふさわしいまちを形成する

◆林文子(はやし・ふみこ)さん(75) 無現<3>

 80点
 農業振興と魅力ある都市らしい土地活用で新たな活性化拠点を目指す。郊外部の街づくりを先導していく

◆松沢成文(まつざわ・しげふみ)さん(63) 無新

 採点はしない
 アクセスと地域環境への影響もあるため、しっかりと地域や市民の声を反映しながら検討する

関連キーワード


おすすめ情報

神奈川の新着

記事一覧