本当は陰性だったのに入院や宿泊療養も…埼玉県の150人分を誤判定 群馬県の民間検査機関<新型コロナ>

2021年8月13日 09時51分
 新型コロナウイルスのPCR検査をしていた民間検査機関エスアールエル北関東検査センター(前橋市)が、陰性を陽性と誤って判定していた問題で、埼玉県は12日、同センターが扱った県内の150人が誤判定されていたと発表した。既に感染者として発表された31人は再検査で陰性が確認され、県は感染者から除外した。
 県によると、150人の検体はセンターが2~4日に県内の医療機関などから受け付けた分。誤判定で1人が入院、2人は宿泊施設で療養した。 (飯田樹与)

PR情報