「感染拡大の反省がなければ、政治の声届かない」と記者…菅首相「自己評価は僭越だ」

2021年8月13日 19時01分
菅義偉首相

菅義偉首相

 国内で初めて新型コロナウイルス感染者が2万人確認された13日、菅義偉首相は、官邸で記者団の囲み取材に応じた。菅氏はこれまでの取り組みへの総括を求められたのに対し、「私自身、自己評価することは僭越だと思う」と評価を避けた。
 記者は「感染拡大を招いたこれまでの総括や反省がなければ、国民に政治の声が届かない。これまでの取り組みを結果をどのように自己評価されていますか」と質問した。
 これに対し、菅氏は「自己評価することは僭越だ」とした上で、「やはりワクチンだということで、人流の抑制と同時に、そうしたことをしっかり全力で取り組んできています」とこれまで進めてきたワクチン接種の取り組みを強調。「国民の皆さんに、大変ご不満があろうかと思いますけども、ワクチンでも10月の初旬までには、日本国民全員に2回、8割の希望する方に打てるような態勢も作っている。とにかく全力で取り組んできたい」と述べた。
 また菅首相は「東京の医療体制は極めて厳しい」と危機感を示した。その上で「国民の命を守ることが政府の最大の責務」とし、自宅療養中の患者への酸素投与を可能とするために酸素ステーションの態勢を構築するよう関係閣僚に指示したことを明らかにした。
 さらに「お盆休みは感染防止の大事な時期だ。帰省や旅行を極力避け、不要不急の外出をできるだけ控えてほしい」と述べたほか、「商業施設などの人流抑制にしっかり取り組む」と語った。
前のページ

関連キーワード


おすすめ情報

政治の新着

記事一覧