あふれる日本愛 開催国へ敬意キラリ

2021年8月14日 07時10分

【セーラームーン】お仕置きされたい!? 新体操団体総合予選で、「美少女戦士セーラームーン」を思わせる衣装に身を包んだウズベキスタン=有明体操競技場で

 世界中からトップアスリートが集った東京五輪。期間中にはあふれる「日本愛」をさまざまな形で表現した選手たちがいた。コロナ禍による異例の大会でも、海外選手の開催国へのリスペクトが垣間見えた。
 新体操団体総合予選。ウズベキスタンの衣装は、人気アニメ「美少女戦士セーラームーン」を思わせるセーラー服風。演技が始まり音楽が流れると、まさかの主題歌「ムーンライト伝説」。観客がいたら、大歓声に包まれただろう。

【着物】新体操の団体総合予選、着物風の衣装で演技をするイタリア=有明体操競技場で

 イタリアも日本の着物をイメージした衣装。選手の一人は「日本に来たことはなかったけど、日本の着物とか忍者とかについて、勉強してきた」。開催国を意識した演技でアピールに成功したのか、見事に銅メダルに輝いた。この日はベラルーシも「見ざる、言わざる、聞かざる」の「三猿」を意識したポーズ。日本のファンをにんまりとさせる趣向が続いた。

【日本語の手話】アーティスティックスイミングのチーム・テクニカルルーティンで手話であいさつするスペイン=東京アクアティクスセンターで

 アーティスティックスイミングでは、スペインがチーム・テクニカルルーティンで日本語の手話を取り入れた演技を披露。大会が掲げる「多様性と調和」を世界に訴えた。
 カヌーのスプリント男子カナディアンシングル1000メートルで優勝したブラジルのイザキアス・ケイロスドスサントスは、表彰台でアニメ「ドラゴンボール」の「かめはめ波」ポーズ。空手の女子組手61キロ級を制したセルビアのヨバナ・プレコビッチもこの作品のファンのようで「悟空は私のヒーロー」と話していた。

【かめはめ波】表彰台で「かめはめ波」のポーズを決める、カヌー・スプリント男子金メダルのイザキアス・ケイロスドスサントス(ブラジル)=海の森水上競技場で

 閉会式では、ドイツの選手団が着ていたベストの背中に片仮名で「ドイツ」と書かれていて話題に。英国選手団のシャツの背中には「ありがとう東京」の文字が記され、日本の視聴者もほっこり。
 帰国前には何人もの選手が会員制交流サイト(SNS)などで日本への感謝をつづった。ボート女子軽量級ダブルスカルに出場した英国のエミリー・クレイグは、閉幕二日前に同国ボートチームの公式ツイッターで動画を公開。「日本の皆さんの努力のおかげで、私たち何千人ものアスリートが、夢を実現することができます」とたどたどしい日本語で謝意を述べた。 (平松功嗣)

◆金最多はドレセルの5個

 今大会で生まれた記録を振り返った。
 ▽偉業
 競泳男子のケーレブ・ドレセル(米国)が今大会最多の5個の金メダルを獲得。同女子のエマ・マキオン(オーストラリア)は金4、銅3で計7個のメダルを手にし、女子選手の1大会最多記録に並んだ。
 陸上女子の35歳、アリソン・フェリックス(米国)は400メートルで銅、1600メートルリレーで金に輝き、通算11個のメダルで陸上女子の最多記録を更新。3年前の長女出産を経て、5度目の五輪でも強さを発揮した。
 ▽最年長、最年少
 最年長出場は馬術で6度目の大会だった66歳のメアリー・ハナ(オーストラリア)。最年少は2009年1月生まれの12歳、卓球女子のヘンド・ザザ(シリア)だった。
 メダリストの最年少はスケートボード女子パーク銀に輝いた2008年8月生まれの開心那(ひらきここな)(WHYDAH GROUP)。12歳でのメダル獲得は85年ぶりの快挙。同じく最年長は馬術のアンドルー・ホイ(オーストラリア)62歳で、銀と銅の二つのメダルを手にした。
 ▽初の金メダル
 初の金メダリストが誕生した国・地域もある。フィリピンは重量挙げ女子55キロ級でヒディリン・ディアスが初の栄誉をもたらした。カタールは重量挙げ男子96キロ級のファレス・エルバフ。人口約6万人のバミューダは、トライアスロン女子のフロラ・ダフィーが歴史の扉を開けた。
 ▽47都道府県に金
 ボクシング女子フェザー級で鳥取県出身の入江聖奈(せな)(日体大)、空手男子形の喜友名諒(きゆなりょう)(劉衛流龍鳳会)と野球の平良海馬(たいらかいま)(西武)が沖縄県出身者として初の頂点に立ち、47都道府県に金メダリストが誕生した。
 ◆紙面へのご意見、ご要望は「t-hatsu@tokyo-np.co.jp」へ。

関連キーワード


おすすめ情報

TOKYO発の新着

記事一覧