<新型コロナ>茨城県で391人の新規感染、2日連続で最多更新 水戸刑務所でクラスター

2021年8月14日 19時28分
茨城県庁

茨城県庁

 茨城県と水戸市は14日、新たに391人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。1日に公表する感染者数は、13日の335人を上回り、2日連続で最多を更新した。県内の感染者は計1万5964人になった。
 新規感染者の居住地の内訳は、つくば市39人、水戸、筑西市各26人、神栖市25人など。
 水戸刑務所(ひたちなか市)では新たに職員3人の感染し、感染者は職員や受刑者ら計12人になった。県はクラスター(感染者集団)が発生したと認めた。
 クラスターが発生した可能性が高い龍ケ崎市の高齢者施設では、新たに利用者2人の感染が判明し計8人。常総市の高校では生徒1人の感染が分かり、計7人になった。
 常総市の事業所では新たに1人の感染が判明。筑西市の保育施設でも、園児1人の感染が分かった。いずれも感染者は計5人となり、県はクラスターが発生した可能性が高いとした。
 県庁で会見した石川仁課長は「人との接触の機会を減らしてほしい。少しでも体調が悪い場合には、軽い症状であっても早めに受診、検査につなげていただきたい」と呼びかけた。
 感染者への検査で、新たに118人からインドなどで見つかった変異株「L452R」が確認され、計1652人になった。
 県と水戸市は243人の退院を発表し、退院者などは計1万3331人になった。 (保坂千裕)

関連キーワード

PR情報

茨城の新着

記事一覧