安倍晋三前首相が靖国神社を参拝 萩生田光一文科相、小泉進次郎環境相も

2021年8月15日 11時39分
靖国神社を参拝し、取材に応じる安倍前首相=15日午前、東京・九段北で

靖国神社を参拝し、取材に応じる安倍前首相=15日午前、東京・九段北で

◆菅首相は千鳥ケ淵で献花

 萩生田光一文部科学相と小泉進次郎環境相、井上信治万博相は終戦の日の15日、東京・九段北の靖国神社を個別に参拝した。閣僚の靖国参拝は2年連続となる。菅義偉首相は午前、東京都内の千鳥ケ淵戦没者墓苑を訪れて献花した。その後、政府主催の全国戦没者追悼式に出席し、式辞を述べる。
 自民党の安倍晋三前首相、高市早苗前総務相もそれぞれ参拝した。13日には岸信夫防衛相が参拝。靖国神社には極東国際軍事裁判(東京裁判)のA級戦犯が合祀されているため中国、韓国は即座に批判した。西村康稔経済再生担当相も同日参った。
 安倍氏は第2次政権在任中、8年連続で終戦の日の参拝を見送り、自民党総裁として私費で玉串料を奉納した。15日当日の閣僚参拝は2017年から3年間なく、昨年は萩生田、小泉両氏ら4閣僚が参拝した。
 超党派の「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」は15日、会長の尾辻秀久元参院副議長らが代表して参拝した。新型コロナウイルス禍のため議連そろっての参拝は昨年に続き見送った。
 自民党の稲田朋美元防衛相、鷲尾英一郎外務副大臣らは個別に参った。(共同)

関連キーワード


おすすめ情報