<新型コロナ>ワクチン 対象に理美容・運送業など 都が大規模接種会場再編

2021年8月17日 07時00分
 都は十六日、新型コロナのワクチン接種で、モデルナ社製を使用する大規模接種会場を再編すると発表した。接種対象は都内在住・在勤の廃棄物処理業、理美容業、トラック、バス、タクシーなど運送業の各従事者ら。都の担当者は「人と接する機会が多いため、新たに大規模接種の対象にした」と説明する。
 都庁の北展望室の会場はファイザー社製を使っていたが、医療従事者らへの接種が今月末で終わる見通しのため、十九日からモデルナ社製の接種も始める。代々木公園ではモデルナ社製を使っていたが閉鎖し、北展望室に統合される。
 また、乃木坂ワクチン接種会場(港区南青山)を十八日に設ける。既に開設されている都庁南展望室の会場も活用する。
 いずれも予約はインターネットで受け付ける。
 南展望室では、引っ越しなどで、同じ会場でモデルナ社製の二回目の接種が難しくなった都内在住・在勤者に接種を行う。これはコールセンター=0570(034)899=で予約を受け付ける。 (松尾博史)

関連キーワード


おすすめ情報

東京の新着

記事一覧