俳優の千葉真一さん死去、82歳 死因は新型コロナによる肺炎

2021年8月19日 21時58分
千葉真一さん

千葉真一さん

 アクション俳優として国際的に活躍した千葉真一(ちば・しんいち、本名前田禎穂=まえだ・さだほ)さんが19日午後5時26分、新型コロナウイルスによる肺炎のため千葉県木更津市の病院で死去した。82歳。福岡市出身。
 所属事務所によると千葉さんは8日から入院し、ワクチンは接種していなかったという。葬儀・告別式は近親者で行う。
 1959年「東映ニューフェイス」に合格。68年のテレビドラマ「キイハンター」でアクション俳優として国民的人気を獲得。70年にジャパン・アクション・クラブを創設し、志穂美悦子さん、真田広之さん、堤真一さんらを輩出した。
 74年、空手映画「激突!殺人拳」が米国で大ヒットして「サニー千葉」の名で知られ、海外の俳優、監督からも尊敬を集めた。クエンティン・タランティーノ監督の映画「キル・ビル」(2003年)に出演時は、主演のユマ・サーマンさんらへの殺陣指導も務めた。他の代表作に映画「仁義なき戦い 広島死闘篇」「柳生一族の陰謀」「戦国自衛隊」、テレビドラマ「服部半蔵 影の軍団」など。(共同)

関連キーワード


おすすめ情報

芸能の新着

記事一覧