児童労働(No.1523)

2021年8月20日 08時13分
 働かざるを得ない児童数は2020年に1億6000万人になりました。実に世界の子どもの10人に1人という深刻さです。しかも、ここ20年で初めて増加に転じたうえに、コロナ禍の影響で22年には1億6890万人、社会的保護が不十分なら2億人を超える見通しです。21年は国連が定めた「児童労働撤廃国際年」です。児童労働をなくすには何が必要なのでしょうか?

関連キーワード

PR情報