<新型コロナ>静岡県で新たに620人感染 重症者は最多の24人に

2021年8月21日 07時38分
静岡県庁

静岡県庁

 静岡県内で二十日、新型コロナウイルスに感染した二人の死亡と、過去二番目に多い六百二十人の感染が確認された。県は十九日に発表した感染者一人を取り下げ、死者は計百六十二人、感染確認は延べ一万六千八百九十七人になった。
 東部の感染は富士市四十人、沼津市二十二人、富士宮市十七人、三島市十二人、御殿場市九人、熱海市六人、伊東市五人、裾野市、伊豆の国市、函南町、長泉町、小山町が各三人、下田市と清水町が各二人、伊豆市一人。静岡市は百三十八人、浜松市は百十二人。
 病床使用率は県全体で65%と依然として逼迫(ひっぱく)、重症者も前日から三人増えて過去最多の二十四人。重症者の使用率は43・6%とステージ4(爆発的感染拡大)の五割に近づきつつある。
 新たなクラスター(感染者集団)はなかった。すでに明らかになっているクラスター関連では、富士市の医療機関で四人が感染し、計十二人に。松崎町の帰省した友人の集まりで一人の感染が分かり、計九人になった。

関連キーワード

PR情報

静岡の新着

記事一覧