全日本学童野球 豊上 完封リレーで4強

2021年8月22日 07時18分

2回裏、好走塁で生還する豊上ジュニアーズの米山仁選手(右)=21日、新潟市で

 高円宮賜杯第41回全日本学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメント(全日本軟式野球連盟、東京新聞など主催)は二十一日、新潟市のHARD OFF ECOスタジアム新潟で準々決勝4試合が行われ、4強が決まった。
 豊上ジュニアーズ(千葉)は序盤から得点を重ね、8安打8得点。投げては先発の福井勇翔投手(6年)が5イニングを1安打無失点に抑え、村上漣投手(同)が六回、本橋知哉投手(同)が七回を抑える完封リレーで、原北ウイングス(福岡)に快勝し、一昨年大会に続く4強入りを果たした。
 大会初出場の岩見沢南ビクトリー(北海道)は3連覇を狙う多賀少年野球クラブ(滋賀)に勝利。大会最多7度目の優勝を目指す長曽根ストロングス(大阪)、4大会連続出場の北名古屋ドリームス(愛知)はともに快勝した。
 二十二日は同球場で準決勝が行われる。 (鈴木秀樹)
 ▽準々決勝
岩見沢南ビクトリー(北海道) 3−1 多賀少年ク(滋賀)
長曽根ストロングス(大阪) 6−1 小野東スポーツ少年団(兵庫)
北名古屋ドリ(愛知) 9−1 田辺アルファーームス(京都)
豊上ジュニア(千葉) 8−0 原北ウイングスーズ(福岡) 

おすすめ情報

学童野球の新着

記事一覧