菅首相「ご苦労様」 横浜市長選で敗れた小此木氏にメール 陣営は「政権批判で票流れた」

2021年8月22日 22時56分
菅義偉首相

菅義偉首相

 22日投開票された横浜市長選で、敗戦が確実となった小此木八郎氏(56)は午後8時すぎに、選挙戦で全面支援を受けた菅義偉首相に電話したがつながらず「ありがとうございました」と携帯電話でショートメールを送ったと明らかにした。首相からは「ご苦労様」と返信があったという。
 小此木氏は「だいぶ忙しかったので、時間を置いて改めてお話をしようと思っています。誤解されちゃいけませんけど、お互いに忙しい身です」と語った。
 小此木氏は、菅政権で務めていた国家公安委員長を辞めて出馬。衆院神奈川2区(横浜市の西、南、港南区)選出の菅首相は市長選に際し、横浜市内で配られる「タウンニュース」の意見広告として小此木氏と対談し、「全面的かつ全力で応援する」と語っていた。
 しかし、新型コロナウイルス感染が収まらず、選挙戦では政権批判を受ける形になった。小此木陣営の幹部は「政権批判の流れをどうすることもできず、票が流れてしまった」と、突き放したように話した。 

おすすめ情報

神奈川の新着

記事一覧