双方に残る生々しい傷痕「暴力は何も解決しない」 イスラエル・ハマス停戦3カ月

2021年8月23日 12時00分

7月末、パレスチナ自治区ガザで、5月のイスラエルの空爆で自宅を吹き飛ばされた家族。家財は散乱したままだ

 イスラエルとパレスチナ自治区ガザのイスラム主義組織ハマスが停戦し、今月21日で3カ月を迎えた。11日間の攻撃の応酬では、ガザで250人超、イスラエルで13人が死亡。7月下旬に現地を訪れると、被害現場には双方の受けた「傷痕」が生々しく残っていた。住民からは進まない復興への嘆きや、日常を壊した攻撃への恐怖の声が聞かれた一方で、「暴力は何も解決しない」と和平を願う声も強かった。(イスラエルとパレスチナ自治区ガザで、蜘手美鶴、写真も)

 イスラエルとハマスの応酬 イスラエル占領下の東エルサレムで5月上旬、パレスチナ人とイスラエル側で衝突が発生。イスラム教とユダヤ教共通の聖地にあるアルアクサ・モスクにイスラエルの警官隊が踏み込んだのを機に、イスラム主義組織ハマスがエルサレムなどに多数のロケット弾を発射。双方の攻撃の応酬へと発展した。イスラエルがパレスチナ自治区ガザへ地上侵攻した2014年以来の大きな被害となった。

◆「あの日から何も変わっていない」パレスチナ側の住宅地

 ガザの入り口の検問所から車で約15分。農地に囲まれた一本道を進むと、小さな町ベイトハヌーンに入る。路地裏の住宅地にはコンクリート片や家財道具が散乱し、家の壁には大きな穴が開いたままだ。

7月末、パレスチナ自治区ガザで、5月のイスラエルの空爆で右足を骨折したフェイヤードさん。背後に壊れた住宅が見える

 5月14日深夜、イスラエルが4発の爆弾を落とし、周囲の住宅が吹き飛んだ。現在も復旧とはほど遠い状況で、がれきが片付けられたのみ。右足を粉砕骨折したモハンマド・フェイヤードさん(36)は「家もなくなり、歩くこともできなくなった。あの日から何も変わっていない」と嘆いた。

5月、パレスチナ自治区ガザで、市街地を破壊するイスラエルの空爆=住民提供

 約10キロ先、自治区の中心都市であるガザ市は最も空爆が激しく、道路などインフラが集中的に壊され、ビルも複数倒壊した。道路の穴はふさがれたが、市街地にがれきの山も目立つ。
 空爆のトラウマ(心的外傷)を抱える人も多く、アルワファ病院では突然泣きだしたり、パニックになる職員がいるという。事務局長のバスマン・アラシ医師(64)は「医師から食堂スタッフまでを集め、集団カウンセリングをしている。気持ちを吐き出し、泣き崩れる職員もいる」と話す。

◆商都テルアビブにも届いたロケット弾「まるで戦争」

7月末、イスラエルのテルアビブで、5月にあったハマスのロケット弾攻撃で壊れたアパート

 ガザから北へ約120キロ、イスラエルの商都テルアビブにあるラマト・ガン地区。ハマスは5月、イスラエル各地に約4000発のロケット弾を発射し、同月15日昼、1発がこの地区の交差点に着弾した。爆風で飲食店やアパート、車が壊れ、障害者の男性1人が死亡。現在も付近のビルは窓枠ごと吹き飛んだままだ。
 イレイナ・コリドクさん(56)宅の壁は、今も大きくひび割れている。あの日、地区に警報が響き、地下シェルターに逃げた直後にごう音がとどろいた。「外は火の海でまるで戦争だった。ここまでロケット弾が来るとは思わなかった。今も警報を聞くと体が震える」と話す。攻撃の恐怖は消えず、「イスラエルとハマスの応酬は終わりがない。どうすれば止まるのか、もう分からない」と漏らした。

◆かつてガザと行き来…今や脅威の最前線に

6月、イスラエル南部で、ハマスの「風船爆弾」が着弾し、炎が燃え広がる小麦畑(住民提供)

 イスラエルとハマスの対立は、2007年にハマスがガザを実効支配して以降、激化している。ガザの東800メートルに位置するイスラエル南部のキブツ(集団農場)「ナハル・オズ」は、最前線でハマスの脅威にさらされてきた。5月の衝突の際には、ガザから立ち上る火炎や、イスラエルへ向かって飛ぶロケット弾も見え、多くの住民が避難した。
 ナハル・オズでは約450人がほぼ自給自足の共同生活を送る。風の強い日、ハマスは風船に火炎物を付けた手製爆弾を飛ばし、それが畑に着弾するたびに作物が焼き払われてきた。6月にも爆弾は飛来し、今も畑に黒い焦げ跡が残る。

7月末、イスラエル南部で、フェンス越しに見える約800メートル先のガザを指すラハミムさん

 1980年代後半までは日常的にガザへ行き来でき、住民はよく買い物に出掛けたという。住民のダニー・ラハミムさん(67)は、自身の結婚式にガザの友人も招いた。暴力の応酬が続く現状に、「ガザの住民はハマスの『人質』のようなもの。自由に出入りもできず本当にかわいそうだ。軍事行動は何も解決しないことに、イスラエルもハマスも気づくべきだ」と話した。

関連キーワード


おすすめ情報