<花前線>赤いヒガンバナ あぜ道や野辺彩る

2021年8月25日 07時40分

◆東京

★霞丘陵自然公園(青梅市塩船、JR青梅線河辺駅バス約10分「塩船観音入口」下車徒歩約13分)秋の彼岸の時季に咲き、細い花弁が反り返った独特な花の形をしているヒガンバナ。同園では約2600平方メートルの敷地一面に赤いヒガンバナをはじめ、黄色や白のリコリスなどが広がる=写真。見頃は、9月中旬〜10月上旬。さらに同園から徒歩で約15分の「吹上しょうぶ公園」(青梅市吹上)でも、約1000平方メートル・約2万本が見られる。(電)0428・22・1111市公園緑地課公園管理係

◆栃木

★城山公園(茂木町小井戸、真岡鉄道茂木駅徒歩約15分)街並みを一望できる小高い丘に位置し、茂木城の城跡にある公園。南斜面一帯に約50万本の赤いヒガンバナが咲きそろう。9月中旬〜下旬が見頃。入り口から約5分ほど斜面を上った丘の上がおすすめの観賞・撮影スポット。平地とは違った角度で見応えのある景色が楽しめる。遊歩道を歩きながらの観賞も可能。9月17日〜10月4日は、茂木駅から出発し城下町や公園内を散策する「駅からハイキング」を実施する。(電)0285・63・5644町観光協会(商工観光課内)

◆神奈川

★彼岸花の里(伊勢原市日向地区、小田急線伊勢原駅北口バス約25分終点「日向薬師」下車)9月中旬〜下旬、日向薬師周辺のあぜ道や野辺などに咲き、山や田んぼを背景に赤いヒガンバナが映える景色が楽しめる。点在する群生地の場所が確認できる群生地マップを観光案内所で配布するほか、散策順路の案内板を地区内数カ所に設置している。(電)0463・73・7373市観光協会

◆群馬

★常楽寺(太田市上田島町、北関東自動車道「太田藪塚IC」から約15分)赤や白のヒガンバナが参道と境内一面を彩る。見頃は、9月中旬〜下旬。うすさま明王を祭ったお堂「烏枢沙摩(うすさま)明王堂」前や、ニシキゴイが泳ぐ「心池」周辺、点在する地蔵や羅漢像を囲むように咲く様子などが見られる。(電)0276・31・0001

◆千葉

★村上緑地公園(八千代市村上、東関東自動車道「千葉北IC」から約20分)園内中央の斜面や木立、散策路など、植栽面積約1万7000平方メートルに約20万本が咲く。種類は、赤を中心に、白や黄色など=写真。見頃は、9月中旬〜10月上旬。(電)047・458・6446市地域振興財団・緑化推進事務所
<係から>今後の天候によって花の見頃が変わることがあります。お出かけ前に現地に開花状況をご確認ください。写真はいずれも例年の様子。

関連キーワード


おすすめ情報