最年少14歳の山田美幸が銀 今大会日本勢初&史上最年少のメダル<パラ競泳女子100m背泳ぎ>

2021年8月25日 18時00分
山田美幸

山田美幸

 東京パラリンピックは25日、競泳女子100メートル背泳ぎ(運動機能障害S2)の決勝が行われ、日本勢最年少14歳の山田美幸=WS新潟=が2分26秒18で2位となり、今大会の日本選手団のメダル第1号となった。14歳でのメダル獲得は日本勢歴代最年少となる。
 「予選では全体3位だったので、銀を取れるとは思ってなかったのでとてもうれしい。予選であれだけ緊張したから、決勝はそれ以上緊張するのは間違いないと開き直り、形だけでも笑顔をつくって、楽しんでいこうと思った。コーチからストロークをゆっくり、というアドバイスをもらい、しっかり受けとめて、出来るだけ冷静になろうと。今までで一番頭を使ったレースになったと思う」と、満面の笑みをみせた。

おすすめ情報

東京五輪・パラリンピックの新着

記事一覧