モデルナ製ワクチンの異物混入、問題のロットは日本のみに納入 製造に関わった製薬会社が声明

2021年8月27日 06時43分
モデルナ製の新型コロナワクチン

モデルナ製の新型コロナワクチン

 【パリ共同】米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンに異物の混入が見つかった問題で、製造に関わったスペインの製薬会社ロビは26日、声明を発表し、異物が見つかったロットは日本のみに納入されたと明らかにした。
 ロビの製造ラインの一つが原因だった可能性があるとして、調査に協力し続けると表明した。
 ロビはモデルナと委託契約を結んでいる。米国以外へ納入されるワクチンについて、スイスの企業が製造した原料をスペインの首都マドリード郊外の工場で瓶に充填し、完成させる最終工程を担っている。

関連キーワード

PR情報

国際の新着

記事一覧