狛江市、コロナ感染で亡くなった場合の葬儀費用を補助 全国の自治体で初

2021年8月27日 07時09分
 狛江市は二十六日、新型コロナウイルス感染症で市民が亡くなった場合、葬儀費用を一件二十万円を上限に補助する制度を新設すると発表した。市によると、全国の自治体で初めて。
 コロナ死の場合、葬儀費用は通常に比べて四、五十万円高くなるのが相場といい、松原俊雄市長は定例記者会見で「経済的負担が大変なので導入を決めた」と説明した。市は二十人分四百万円の補正予算案を九月市議会に提出する。(花井勝規)

関連キーワード

PR情報

東京の新着

記事一覧