「カワサキハロウィン」が24年の歴史に幕 今年は開催せず打ち切り

2021年8月27日 17時48分
商店街を埋め尽くし、思い思いの仮装でパレードする参加者=2008年、川崎市川崎区で

商店街を埋め尽くし、思い思いの仮装でパレードする参加者=2008年、川崎市川崎区で

 日本のハロウィーンブームをけん引してきた川崎市のイベント「カワサキハロウィン」の実行委員会は27日、例年10月に実施する今年のイベントを中止し、今後も開催しないと発表した。イベントは1997年に始まり、コロナ禍でオンライン開催となった昨年を含め、24年の歴史に幕を下ろす。
 実行委は、川崎市と商業施設「ラ チッタデッラ」の運営会社などで構成。川崎駅周辺の約1・5キロを練り歩く大規模な仮装パレードが特徴で、最盛期には参加者約3000人、沿道に約12万人が詰めかけた。
 実行委は「カワハロの盛り上がりもピークを過ぎ、そろそろやめ時と判断した」と説明。ごみ問題などへの対応とともに、運営コストが大きく「継続するのに多くのエネルギーが必要だった」ことも背景にあるという。(石川修巳)

関連キーワード


おすすめ情報

神奈川の新着

記事一覧