<新型コロナ>学校にPCR検査キットを配備 都が9月から 2学期の感染拡大防止が狙い

2021年8月31日 07時21分

都内の学校に配布されるPCR検査キット。右上の青い器具で唾液を採取して検査機関に送り、感染の有無を調べる=都庁で

 都は九月から、都内の学校で新型コロナの感染者が出た場合、濃厚接触が疑われる人に、校内で速やかにPCR検査が受けられる体制を独自に整備する。二学期が始まることで感染が広がらないよう、迅速に感染者を発見して拡大を防ぐ狙い。(小倉貞俊)
 都教委によると、PCR検査は自分で唾液を採取する検査キットを使い、検査機関に検体を送って感染の有無を判定する任意検査。感染者の周囲にいて、濃厚接触が疑われる児童生徒や教職員などが対象になる。
 都立学校(二百五十三校)には九月一日までに検査キットを五十セットずつ配備。なくなり次第、追加で配布する。都教委の担当者は「多めに配り、大規模なクラスターにも対応できるようにしたい」と話す。
 区市町村立の小中学校など二千三十六校や、約千三百ある私立学校・幼稚園などには、感染者が発生した時点で各校の要請に応じてキットを送付する。要請の翌日には届くようにするという。
 学校現場でのコロナ検査を巡っては、文部科学省が七月以降、大学や高校、特別支援学校に対し、すぐに結果が分かる抗原検査の簡易キットを配布。九月上旬からは小中学校や幼稚園などにも配る方針で、具合が悪くなった教職員や小学四年以上の子供が使うことを想定している。
 小池百合子知事は二十七日の定例記者会見で検査キットの配布について「多くの学校で二学期を迎える。学校での対策強化のため、陽性者を早期に把握する取り組みだ」と話した。

関連キーワード


おすすめ情報

東京の新着

記事一覧