王座戦に挑む“中年の星”木村一基九段 AIで将棋研究「挽回きかぬ優劣に直結」 

2021年8月31日 18時00分

王座挑戦を決め、記者会見で笑顔をのぞかせる木村一基九段=東京都渋谷区の将棋会館で

 将棋の永瀬拓矢王座(28)に木村一基九段(48)が挑戦する第69期王座戦5番勝負が、9月1日に仙台市で開幕する。木村九段は一昨年、史上最年長の46歳で初タイトルの王位を獲得。「中年の星」として話題を集めたが、昨年の王位戦7番勝負(東京新聞主催)では藤井聡太棋聖(当時)に4連敗で失冠した。しかし木村九段は前進をやめなかった。「どれも満足のいく内容だった」という王座挑戦までの戦い、人工知能(AI)による研究の現状まで、木村九段の取材を続けてきた本紙の樋口薫記者が話を聞いた。

 ▽木村一基(きむら・かずき) 1973年、千葉県四街道市出身。故佐瀬勇次名誉九段門下。97年プロ入り。2019年、7度目の挑戦で初タイトルの王位を獲得。「千駄ケ谷の受け師」「将棋の強いおじさん」などの愛称がある。

 ―挑戦者決定トーナメントの戦いについて聞かせてください
 「王座戦は2008年の挑戦以降、なかなか勝てていなかったが、今期は4局とも内容が良かった。事前に調べた作戦がうまくいき、小さなリードを最後まで生かすことができました。初戦の澤田さん(真吾・七段)は難敵だと思っていたが、冷静に対処でき、最後もすぱっと決まった。2回戦の高崎さん(一生・七段)は、かみついてくる攻めの棋風。じっくり穴熊に囲う手もあったが、こっちから打って出たのがうまくいきました。今期は常に踏み込む、積極性のある手が多かった点も良かったです」
 ―準決勝は石井健太郎六段(29)戦でした
 「渡辺さん(明・名人)を破って準決勝に来ているので、勢いがあると思いました。実際、私が先手なのに先に動かれてしまったが、ごちゃごちゃして訳が分からなくなってから、うまく指せたかなと思います」
 ―挑戦者決定戦の相手は日本将棋連盟会長の佐藤康光九段(51)でした
 「定跡があるようでない方なので、対策がしづらかった。佐藤さんの戦法は破天荒なようでも、綿密な考えに基づいている。その辺を丁寧に掘り返し、対局に臨みました」
 ―佐藤九段の先手矢倉に、近年よく指される「雁木がんぎ囲い」で対抗しました
 「事前に想定していない展開でした。(駒組みの段階で)5筋の位を取った手は、AIがなかったら思い付きもしなかった手です。昔ならもう少し待ったんじゃないか。今は行けるときは行くんだという発想になっている。後手番としては満足という進行でしたが、夕食休憩の時点ではむしろ悪いと思っていた。佐藤さんとやると、後半に攻めまくられる形になる。ジャブは放たないんです。ハードパンチしかこない。休憩中は横になりながら、そういうパターンになってしまったと思っていました」
 ―そこから角打ちの勝負手で流れを引き戻した
 「わけが分からず、読み切れないまま打ちました。あそこで佐藤さんが角を取らず、玉を逃げていればこちらが悪かったはず。取ってくれた瞬間、ほっとした記憶がある。最後は相手玉に詰みもあったようですが、こちらは自玉が詰まないかを必死に確認していました」
 ―決定戦を振り返って
 「一度は逆転されたので反省点もあるが、まずまずの内容だったかと。確かにトーナメントの全局が満足のいく将棋というのは珍しいかもしれない。ただ、これが番勝負でも続くかどうかは分からないです」
前のページ

関連キーワード

PR情報

文化の新着

記事一覧