<新型コロナ>神奈川県で新たに1541人感染 ワクチン2回接種の90代男性ら11人死亡

2021年8月31日 18時18分
 神奈川県内で31日、新型コロナウイルスに感染した11人の死亡と、1541人の感染が明らかになった。県と6市の保健当局が発表した。感染者数は1週間前を407人下回った。
 横浜市は40~90代の男女7人の死亡を発表した。90代男性と80代男性はクラスター(感染者集団)が発生した横浜旭中央総合病院(旭区)と横浜ほうゆう病院(同)の患者。他の5人は感染経路不明。別の90代男性は6日に2回目のワクチン接種を終え、14日に発熱し、27日に死亡した。新規感染者は559人。あさひの丘病院(同)で入院患者4人の感染が分かり、計6人のクラスターと認定した。
 藤沢市は2人の死亡を発表した。60代男性は6月24日に発症、軽症で自宅療養となったが悪化し27日に入院、8月28日に死亡した。基礎疾患はなかった。90代男性は11日に陽性判明、軽症で自宅療養となり酸素投与を受けるなどしたが19日に入院、29日に死亡した。新たな感染は58人。
 川崎市は高津区の80代女性の死亡を発表した。担当の訪問介護士が陽性となったため無症状だったが24日に市内の医療機関を受診して陽性と判明。自宅療養中の25日にせきを発症。27日に血中酸素飽和度が89%まで急低下し、医師の電話に「息苦しい」と話したため市内の病院に入院したが、肺炎による死亡が確認された。ワクチンは未接種だったという。
 新規感染は294人。中原区の法政大硬式野球部の寮で20代の男性部員2人が新たに陽性となり、クラスターは計39人となった。
 県は大磯町の80代男性の死亡を発表。循環器系の基礎疾患があり、ワクチンは未接種だった。20日に息苦しさの症状が出て感染が分かり、入院していた。
 新規感染者は392人。平塚保健福祉事務所管内の民間企業の社員寮で住人2人が感染し、寮に住む10人のうち他に7人が感染していたことが分かり、計9人のクラスターと認定した。4人が感染している同事務所管内の児童福祉施設で利用者1人の陽性が分かり、クラスターと認定した。
 茅ケ崎市は58人の感染を発表。感染者が出ていた高齢者施設と学習塾でそれぞれ利用者2人と生徒4人が陽性となり、計6人と8人のクラスターと認定した。市保健所管内の病院で看護師と患者計5人が陽性となり、クラスターは24人となった。
 相模原市は117人の感染を発表した。10人が感染していた緑区の障害福祉サービス事業所で新たに2人、1人が感染していた南区の特別養護老人ホームで新たに4人の感染が分かり、それぞれ12人、5人のクラスターに認定した。
 横須賀市は63人の感染を発表した。クラスターが起きている大学と海上自衛隊の部隊で各2人、陸上自衛隊の部隊で11人の感染が分かり、感染者はそれぞれ計34人、71人、44人になった。

おすすめ情報

神奈川の新着

記事一覧