<新型コロナ>千葉県で新たに1280人感染 11人死亡 パラ学校連携観戦の中学校でクラスター

2021年8月31日 18時23分
 千葉県内では31日、新たに1280人の新型コロナウイルスへの感染と、50~80代の男女11人の死亡が発表された。1日に発表された死者数が11人となったのは2月25日以来。
 県によると、死亡した70代男性2人は発症後も医療機関に受診せず、自宅で容体が悪化。いずれも呼吸困難の症状で救急搬送された後に新型コロナウイルス感染が確認された。うち1人は今月下旬までにワクチンを2回接種していた。
 東京パラリンピックの「学校連携観戦プログラム」で生徒を引率していた2人を含む教員6人が感染した千葉市立貝塚中学校について、市はクラスター(感染者集団)と認定した。
 このほか、流山市の東葛病院、東金市の生活協同組合パルシステム千葉東金センター、船橋市の児童養護施設「恩籠園」などで、新たにクラスターが確認された。

関連キーワード

PR情報

千葉の新着

記事一覧