本格スパイスカレー 本場の味と香り 家庭で

2021年9月1日 07時24分

(皿の上から時計回りに)コリアンダー、クミン、チリペッパー、ターメリック、オールスパイス、カルダモン。1瓶154~440円

 スパイスからカレーを作ってみたい。でも、何をそろえたらいいのかわからない。カレーや香辛料を製造・販売するエスビー食品のホームページを見て「6つのスパイスで作るカレーレシピ」の一つ「簡単バターチキンカレー」を作ってみた。同社はコロナ禍でスパイスカレーに挑戦する人が増えたことから、初心者から上級者まで楽しめるレシピなどを紹介するサイトを開設した。
 「スパイスやハーブには香り、色、辛みをつける3つの働きがあり、それぞれ1つか、複数の働きを持っています」と、同社広報・IR室の菊地竜太さん。今回使う6種のうち、クミン、コリアンダー、カルダモン、オールスパイスは香りづけに。ターメリックはカレー特有の黄色い色をつける。チリペッパーで辛みを調節する。
 一口大に切った鶏肉250グラムにクミン、コリアンダー、ヨーグルト100ミリリットルをもみ込み、冷蔵庫で40分〜1時間寝かせる。クミンだけで、もうカレーのにおいがする。フライパンにバター30グラムを熱し、チューブのニンニク、ショウガを少量と、6つのスパイスを入れて炒める。バターとスパイスの香りがたまらない。トマト缶を1缶入れ、とろみが出てきたら鶏肉を入れて煮込む。
 鶏肉に火が通ったら、塩、砂糖で味を調え、生クリーム50ミリリットル、バター10グラムを入れ、一煮立ちしたらできあがり。調理時間は鶏肉を寝かす時間を除いて30分ほど。トマトの酸味と乳製品のまろやかさがいい。インド料理店で食べるあの味が簡単に作れた。

完成したバターチキンカレー

 今回作ったカレー(2人分)で使うスパイスの量は、各小さじ1/4〜11/3ほど。一瓶で数回作れる。「お勧めの配合バランスはありますが、お好みで調節して味の違いを楽しんでいただけるのがスパイスカレーの魅力です。辛いのがお好きな方はチリペッパーを追加してみてください」(菊地さん)
 スパイスにますます興味がわいた。日々、いろいろなカレーに挑戦している。 (宇田川雅子)
      ◇
 レシピは「はじめよう!スパイスカレー」で検索。より簡単な「3つのスパイスで作るカレー」も紹介している。

関連キーワード


おすすめ情報