「コロナ影響で困窮」96% 「食事回数減らした」「エアコン付けない」 港区のNPOが子育て世帯調査 

2021年9月2日 07時24分
 困窮する子育て世帯の96%が「コロナ禍の影響で生活が厳しい」と考えていることが、港区のNPO法人「みなと子ども食堂」が行ったアンケートで分かった。収入減のため「食事の回数を減らしている」「エアコンを付けない」などと回答が寄せられた。子ども食堂の関係者は「港区以外でも、逼迫(ひっぱく)は深刻なはず。支援策が足りていない」と訴えている。(宮本隆康)
 みなと子ども食堂は二〇二〇年五月から月一回、子育て世帯に無料で食品を配るフードパントリーをしている。八月十八日の利用者に緊急アンケートし、全百二十四世帯が回答した。
 回答者のうち91・3%がひとり親世帯。50%がパートや派遣社員などの非正規雇用で、四人に三人が不安定な雇用形態。失業中は25・8%で、半数近くがこの半年で職を失っていた。
 「コロナ禍の影響で生活が厳しい」と答えた百十九世帯では、87・4%が昨年の収入は三百六十万円未満で、72・3%は二百四十万円未満だった。
 一カ月間の減収額は、「三万円以上」が50・4%、「一万円〜三万円未満」が25・2%だった。
 収入減を補うため、生活で切り詰めていることを、複数項目回答で尋ねたところ、84%が「食費」を挙げた。次いで「娯楽費」72・3%、「貯金の取り崩し」60・5%、「光熱費」44・5%などだった。
 食費を削った世帯は「炭水化物を増やし、おかずを減らす」「消費期限切れでも食べる」「自分だけ二食減らした」などと答え、子どもに不自由させないように節約している様子も浮かぶ。
 「学費」も32・8%あり、塾通いをやめたり、参考書を買わなかったりしていて、子どもに影響も出ていた。
 また「湯船に水をためずシャワーだけにした」「自転車で行ける範囲しか行かない」との回答もあった。
 福崎聖子理事長は「コロナ禍で困窮する子育て家庭がみるみる増えている。明日のごはんにも困っている窮状を知ってほしい」と話している。

無料配布のため用意した食料品=「みなと子ども食堂」提供


関連キーワード

PR情報

東京の新着

記事一覧