2019年10月6日

2019年10月6日 02時00分

【特選の歌】

◆東直子 選

胸にかかへ浮輪の空気搾るとき夏の記憶も消えさうになる(東京都杉並区 嶋田 恵一)
読むひとのいない手紙を書くときの海はしずかでほとんど鏡(千葉市美浜区 芍薬)

◆佐佐木幸綱 選

夜学子の減りし教室閑(しず)かなり窓に映れる真剣な顔(東京都八王子市 赤羽 克己)
病む夫(つま)に優しくなれない。両親に同じ想いを抱きし日ありき(東京都中野区 もろ・はこび)

【特選の句】

◆石田郷子 選

秋夕焼在宅介護卒業す(東京都港区 奈良 雅子)
この道が好きで歩いて稲の花(東京都小金井市 伊藤 順雄)

◆小澤實 選

譜捲りに頷き返す秋灯(神奈川県横須賀市 丹羽 利一)
なめろうやとんととことん鰺たたく(東京都大田区 菊間きん子)

関連キーワード


おすすめ情報