岸谷 香《東京 MY STORY》第4回「渋谷区広尾」(前編)―オバンデレラ

2021年9月8日 09時50分

生まれてすぐに東京にやってきて以来、嬉しい時も辛い時もこの街で過ごしてきたというミュージシャンの岸谷 香さん。さまざまな時代の、きらめくような東京の街模様を、自らの体験や大切な思い出を振り返りながら書き綴る、連載エッセーです。

第4回「渋谷区広尾」(前編)―オバンデレラ


 私は広尾という町が大好きです。もしかしたら、東京で今一番好きな町かもしれません。古くは学生時代の友人が広尾に住んでいたり、初めて学校以外の繋がりでアマチュアバンドを組んだ仲間達も広尾近辺の子達で、よくベースのソフトケースを背負って広尾駅辺りをウロウロしていました。子供達が小さい頃はわざわざ車で出かけていって、有栖川宮記念公園へ行き、サーティーワンアイスクリームを食べて…そうそう、息子(現在20歳)が小1の時の夏休みの自由研究は有栖川宮記念公園で拾い集めた蝉の抜け殻で(200〜300個収集)割り箸と木工用ボンドを使って『蝉の抜け殻ハウス』なる作品を作って提出! 多くの保護者に気味悪がられました(笑)プリプリ時代の思い出もあります。まだ初期の『プリンセス プリンセス』というバンド名がつく前の冴えない時代、歩いて有栖川宮記念公園をぐるりと半周した辺りにあった地下のスタジオで毎日毎日練習していました。今では跡形もなく消えてしまいましたが、グラウンドの向かいにそのスタジオは確かにありました。今現在ではナショナル麻布スーパーが大好きで、わざわざ車で買い物に行きます。そして何より長男同士が同じ年で小学校受験の会場でバッタリ会った事がキッカケで知り合い、一瞬で仲良くなり、子供達の成長を一緒に悩み、相談し合いながらこの10数年を過ごしてきた親友の木佐彩子が住んでいるため、とにかく遊びに行く機会が激増し、今では自分の家のあるホームタウンの次に馴染みのある町となっています。何がそんなに好きなのか、うまく説明できませんが、磁場が合う感じなんですよね。前置きが長くなりましたが、今回はこの大好きな広尾について書こうと思います。
 以前、広尾の駅から有栖川宮記念公園に向かう通りの、今はなきマクドナルドを越えて、ナショナル麻布スーパーの交差点の少し手前の地下に『クリオーゾ』というイタリアンレストランがありました。数年前に閉店してしまい、今では全く別の店になってしまいましたが、今から7、8年ほど前から通い始め、閉店するまでの数年間で一体何十回、何百回…は大袈裟かもしれませんが、ホントに100回以上は通ったかもしれない私達は本物の『常連さん』でした。地下のこぢんまりしたお店で、カウンターでシェフがお料理を作るのを眺めながら、シャンパンと生ハム(コレが店内でスライスしていて、薄〜くて塩っぽくなくて、今でもあれ以上の生ハムに出会った事がないほどの美味しさ!!)を食べるのも最高だったし、ドアを閉めれば個室になるテーブル席でゆっくりと、ベラベラお喋りをしながら飲むのも大好きでした。お店のスタッフもみんな最高で私達が最後のお客さんになると、一緒にビールやシャンパンを飲んだりして、お一人さまが苦手な私でも一人で行けた唯一のお店でした。
 そのクリオーゾに木佐彩子と一番通っていたのは、お互いの子供が中学生になった頃。子供達は部活や塾通い、家庭教師の時間が増え、さすがに送り迎えもいらなくなると母親の仕事って割とないんですヨ。まぁ我が子が塾や家庭教師で勉強している間に飲みに行くなんて不謹慎という考えもありますが、私達は『母親業をサボって飲みに行くわけじゃないし、家で1人でビール飲んで子供の帰宅や勉強終了を待っているなら、待ってるその時間、サクッと母も外でリフレッシュ! そして子供の帰宅前に家に帰り、ゴキゲンで子供達を迎えた方がどちらもHappyで良くない!?』とものすごく自分達を正統化(笑)17時頃に店で待ち合わせ、まるで早送りしているかのように飲んで喋って、笑って、そしてパッと解散する…というのが当時の飲み方でした。いつの日か、その飲み会に名前が付き、「ねぇ、今日オバンデレラどぉ?」なんて誘い合うようになりました。オバンデレラ…独身の頃なら12時過ぎまで飲む事なんて日常でしたが、子供が居るとそれは皆無。しかしながら、17時〜18時半の時間帯なら「オバサンシンデレラも舞踏会に行けるの〜!!」って感じで、オバンデレラなんて名前をつけて『飲みに行かない!?』って言うより少し罪悪感が少ないからでしょうか…(笑)多い時は週2〜3回の時もあるぐらい、ほんの少しの時間を見つけては、私達はオバンデレラを楽しみ、屋根裏部屋(自宅での日常)に戻ると、何事もなかった顔で食事を出し(ちゃんと仕込んですぐ出せるように抜かりなく用意して出かけていました!!)ちゃっかりストレスも発散して。特に思春期の子供相手にケンカしたり、揉め事があった時などは、大好きなシャンパン片手に親友に話を聞いてもらえるだけで、随分多くの事がスムーズに運び、そして多少腹が立っていても優しくなれたと思います。あまり威張って言うことじゃないかもしれないけれど…オバンデレラ、思春期相手の子育てママにはオススメします(笑)
次回はそのオバンデレラのルールをご紹介しようと思います!お楽しみに。
 
 
・・・・・・・・・
次回更新は、9月22日(水)更新予定です。
お楽しみに。

・・・・・・・・・・





PROFILE
岸谷 香
1996年5月31日、武道館公演をもってプリンセス プリンセスを解散。
1996年結婚。翌年、奥居香ソロとしてシングル「ハッピーマン」を発売し、ソロ活動をスタート。
2001年子供を授かったことをきっかけに岸谷香に改名。その後13年間は育児を中心とする生活が続いた。2012年、東日本大震災復興支援の為、16年振りにプリンセス プリンセスを一年限定で再結成。
2014年より、ソロ活動を本格的にスタートさせ、数々のライブ活動を実施。
ガールズバンドプロジェクトを立ち上げ、ミニアルバム「Unlock the girls」をリリースしたり、豊洲PITにて、東日本大震災復興支援ライブを行ったりもした。
2021年2月にはミニアルバム「Unlock the girls3-STAY BLUE」を発売。
2021年7月からは「KAORI PARADISE 2021」ひとり弾き語りツアーをスタートした。
お知らせ
レギュラー
・ラジオNHK-FM「岸谷香Unlock the heart」
毎週金曜23:00〜スタート
・ニッポン放送「オールナイトニッポンMUSIC10」
毎月第四水曜日22:00~スタート
LIVE情報
【KAORI PARADISE 2021】
■2021年9月23日(木祝)【広島】はつかいち文化ホール ウッドワンさくらぴあ 小ホール
■2021年9月25日(土)【山口】下関市民会館 中ホール
■2021年10月9日(土)【神奈川】海老名市文化会館
■2021年10月16日(土)【千葉】千葉市民会館公演延期
■2021年10月17日(日【宮城】大崎市民会館【9月11日の振替公演】
■2021年10月23日(土)【埼玉】和光市民文化センター
■2021年10月24日(日)【千葉】浦安市文化会館【10月16日千葉市民会館の代替公演】
■2021年10月30日(土)【広島】神辺文化会館
■2021年10月31日(日)【兵庫】淡路市立しづかホール
■2021年11月6日(土)【群馬】太田市新田文化会館 エアリスホール
■2021年11月13日(土)【東京】ギャラクシティ 西新井文化ホール
【やりたくなったらやっちゃいな! Vol.3 Supported by phiten】
日程:2021年11月27日(土)
会場:日本橋三井ホール
時間:OPEN/16:15 START/17:00
料金:全席指定 7,700円(1ドリンク代別、税込)
<一般発売>
2021年9月11日(土)10:00~
最新の詳細情報はオフィシャルサイトをご覧ください。

関連キーワード

PR情報

東京新聞ほっとWebの新着

記事一覧