<新型コロナ>県立校は夏休み短縮 受験の中3向けに動画制作

2020年4月29日 02時00分
 県は二十八日、県立学校の休校期間を五月末まで延長することを決めた。休校中は全県立高校で動画配信による学習支援を行う。感染防止のため登校日は設けない。学校再開後は夏休みを短縮し、授業時間を確保するよう各校に求める。
 再開後は七月末まで授業を行い、八月も二十五~三十一日を授業日にする。時間割の工夫や行事の延期・中止、土曜授業などを合わせ授業時間を確保する。
 特別支援学校も登校日をやめるが、保護者が医療従事者やひとり親など事情のある児童生徒はこれまで通り受け入れる。夏休みの短縮は学校ごとに判断する。
 市町村にも同様の取り組みを求める。支援策として、受験を控える中学三年生向けに、四、五月に学ぶ予定だった学習内容の動画を制作する。一回十五分で、一教科につき三回分を、五月後半にテレビ埼玉で放送する予定。 (飯田樹与)

関連キーワード


おすすめ情報