東京五輪の感動新た 新井千鶴選手・等身大パネル 地元の寄居町役場に展示

2021年9月8日 07時48分
 寄居町出身で、東京五輪の柔道女子70キロ級で金メダルを獲得した新井千鶴選手(27)=三井住友海上=の等身大パネルが、同町役場1階ロビーに展示されている=写真。
 新井選手は同町立男衾(おぶすま)中学校の卒業生。パネルは縦173センチ、横84.5センチで、右手で金メダルを掲げて表彰台に立つ新井選手の姿となっている。表彰台もあり、隣に立って記念撮影できるようにした。
 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、試合当日に地元でパブリックビューイング(PV)は開催できなかったが、町は町民3000人からメッセージを募るなど新井選手を応援してきた。
 町の担当者は「金メダル獲得の感動と喜びをあらためて共有することで、スポーツに対する意識を高めていきたい」としている。(久間木聡)

おすすめ情報

埼玉の新着

記事一覧