京成千葉中央ビル 来月29日開業 駅直結 スーパーなど入居

2021年9月9日 07時35分

10月29日にオープンする「京成千葉中央ビル」

 京成電鉄(市川市)は七日、建て替えを進めていた千葉中央駅(千葉市中央区)に直結する「京成千葉中央ビル」を十月二十九日に開業すると発表した。
 前身で一九六七年開業の「千葉中央駅西口ビル」の老朽化により、二〇一八年八月から建て替えが始まった。新ビルは鉄骨造り八階建て、延べ床面積一万一千平方メートル。一〜三階が商業フロア、四〜六階が企業が入居するオフィスフロア。七、八階はホテルフロアで系列の「京成ホテルミラマーレ アネックス」(六十六室)を開業する。
 商業フロアは、一階に京成グループのスーパーマーケット「リブレ京成」やマクドナルド、イタリア料理の飲食店など、二階は百円ショップ「ダイソー」、三階に京成不動産やインドアゴルフスクール練習場、シェアオフィスなどが入居する。同階には内科、小児科、外科などを診察する医療モールが来年一月に開業予定。
 一階のコンビニエンスストア「ファミリーマート」が九日にオープンするなど先行オープンの店舗もある。同社は「地域住民の豊かで便利な生活を実現させ、沿線の活性化やにぎわい創出に貢献したい」としている。(中谷秀樹)

同ビルの商業施設内のイメージ(いずれも京成電鉄提供)


関連キーワード


おすすめ情報

千葉の新着

記事一覧