<新型コロナ>入学・始業式 予定通り 通常授業は国の見解後 さいたま市立学校

2020年3月31日 02時00分
 新型コロナウイルスの影響で臨時休校が続く市立学校の再開時期について、さいたま市の細田真由美教育長は三十日、定例会見で、入学式と始業式は予定通り四月七~九日に行い、その後の通常授業は今週中にも示される政府見解を踏まえて判断すると発表した。
 入学式の参加者は、小学校は新入生と保護者一人、職員とし、中高と中等教育学校は新入生と職員のみ。体育館など屋内でマスクを着用して換気をし、座席の間隔を空けるなどして二十分程度を想定する。大規模校などでは、保護者が別室でモニター観覧する方式も検討する。始業式は各教室で、放送で行う。
 政府見解を待たずに入学式などを行うことを決めた判断について、細田教育長は「子どもたちに教科書や必要なものを渡し、連絡することがこの時点で必要」と説明。一方、政府見解の内容によっては式が実施できない可能性もあるとした。(前田朋子)

関連キーワード


おすすめ情報

埼玉の新着

記事一覧