将棋の藤井、最年少三冠なるか 叡王戦最終局開始

2021年9月13日 10時35分 (共同通信)
 豊島将之叡王(左)に挑む第6期叡王戦5番勝負の第5局を前に、駒を並べる藤井聡太二冠=13日午前、東京都渋谷区の将棋会館(日本将棋連盟提供)

 豊島将之叡王(左)に挑む第6期叡王戦5番勝負の第5局を前に、駒を並べる藤井聡太二冠=13日午前、東京都渋谷区の将棋会館(日本将棋連盟提供)

  •  豊島将之叡王(左)に挑む第6期叡王戦5番勝負の第5局を前に、駒を並べる藤井聡太二冠=13日午前、東京都渋谷区の将棋会館(日本将棋連盟提供)
  •  藤井聡太二冠
 将棋の藤井聡太二冠=王位・棋聖=(19)が豊島将之叡王(31)に挑む第6期叡王戦5番勝負の第5局は13日、東京都渋谷区の将棋会館で始まった。藤井二冠が勝てば、自身最多の3タイトルを同時に保持。最年少の19歳1カ月で三冠となる。
 藤井二冠は7月3日、棋聖戦5番勝負で勝利。8月25日には王位戦7番勝負で豊島叡王を4勝1敗で破り、初防衛を果たした。叡王戦の今シリーズは藤井二冠が開幕局で先勝。その後も熱戦が続き、交互に白星を挙げる展開となっている。
 豊島叡王が勝てば、初防衛となる。叡王戦5番勝負は1日制で、持ち時間各4時間。13日夜には終局の見込み。

関連キーワード

PR情報