東京・町田の小6女児が自殺、同級生からのいじめ示すメモ 遺族「学校のタブレット温床に」

2021年9月13日 21時46分
文部科学省

文部科学省

 東京都町田市立小学校に通っていた6年生の女子児童=当時(12)=が2020年11月、「いじめを受けていた」などとするメモを残し、自殺していたことが分かった。市教育委員会はいじめと自殺の因果関係を調査している。両親は13日、都内で記者会見し「学校や市教委から十分な説明がなく、不誠実だ」と話した。文部科学省に調査の徹底などを求める要望書も提出した。

◆「おまえらのおもちゃじゃない」

 父親(58)と母親(52)は会見で、女児へのいじめに関し「学校が配ったタブレット端末も使われ、温床になった。娘は独りで闘っていた。早く事実を知りたい」と語った。
 遺族と代理人弁護士によると、女児は20年11月30日、自室で亡くなっているのが見つかり、机の引き出しに遺書とみられる複数のメモが残されていた。児童2人の名前を挙げ「おまえらのおもちゃじゃない」などと記していた。
 両親は会見で、女児の死後、同級生ら約30人から聞き取りを行ったと説明。いじめは4年生の頃に始まり、メモの2人を含む計4人が関与したと述べた。女児が仲間外れにされたり、「死ね」と言われたりしたとの証言があったと明かした。
 児童同士が学校貸与のタブレット端末のチャット機能で、女児の名前を挙げ「うざい」「お願いだから死んで」などとやりとりし、その内容を女児が端末上で目にしていたとも指摘した。

◆学校アンケートで発覚

 遺族によると、いじめは昨年9月の学校のアンケートで発覚したが当時は伝えられず、知ったのは女児の死後だった。学校は当初、児童が女児に謝罪したとして「問題は解決済み」と主張。両親が開示を求めたチャットの履歴も「見当たらない」と回答したという。
 その後、児童が作成し、一部に「(女児の名前)のころしかた」と題する絵が描かれたノートを学校が保管していたことが判明。2月に学校が独自の調査報告書をまとめていたことも分かったという。
 市教委はいじめ防止対策推進法が定める「重大事態」として、非公開の常設委員会で調査している。担当者は「遺族の意向に沿って対応してきたが、今後も丁寧な説明をしながら調査を進めたい」と話した。(服部展和)

 いじめ防止対策推進法 2011年、大津市の中2男子がいじめを苦に自殺したのをきっかけに制定され、13年9月に施行。いじめを「一定の人間関係がある児童生徒の行為で、対象者が心身の苦痛を感じたもの」と規定し、いじめが疑われる自殺や長期欠席などを「重大事態」と定義。学校には文部科学省や自治体への報告が義務付けられ、速やかに事実関係を調べ、被害者側に適切な情報提供をするよう定める。第三者委員会が調査を担うことが多いが、結論に法的な拘束力はない。

関連キーワード

PR情報