<キッチンカー グルメ> AKASAKA KITCHEN(からあげボウル)

2021年9月14日 07時13分

◆カラッと鶏モモ爆盛り

 量が多すぎて容器のふたが閉まらないほどの爆盛りが評判。「AKASAKA KITCHEN」は唐揚げが看板メニューのキッチンカーだ。写真(上)は人気ナンバーワンの「からあげボウル」750円。たっぷりかけてくれたのはチリソース。ハニーマスタードや和風しょうゆなど4種類から選べるソースの中でも一番人気で、食が進む。
 「1個30〜40グラムの唐揚げを5〜6個は入れます。小さかったらとにかく山になるくらいはのせます。雨の日はさらに1個サービス。もっとサービスしちゃうこともありますが」と店主の赤坂真悟さん(37)=同(下)。
 赤字にならないか心配になるが、そこは米の仕入れでカバーしているとか。実家は栃木県にある米農家なので、自分で受け取りに行く代わりに、安く分けてもらっているという。
 かつては生花店勤務。配送途中でキッチンカーを見かけ、興味を引かれたのが開業のきっかけだ。友人が経営する唐揚げ店と、バイトさせてくれるキッチンカーでの修業を経て、昨年6月独立。爆盛りにしたのはPRのつもりでもある。
 唐揚げは、鶏モモ肉を使い、オフィス街のランチ需要を考慮して味付けにニンニクは使わず、ショウガを多めにした。カラッと揚げて、しっかり油を切るので爆盛りでも意外に胃にもたれない。ただし、ご飯まで多めなので、事前におなかもカラにしておくことをオススメしたい。 (さりあ)
 出没先は、キッチンカーの拠点「SHOP STOP」中心。東京ポートシティ竹芝、豊洲、品川など。インスタグラムで情報発信中。アカウントは@AKASAKAKITCHEN

関連キーワード

PR情報

動画の新着

記事一覧