<新型コロナ>神奈川県で新たに485人感染、500人下回ったのは7月20日以来

2021年9月14日 21時07分
 神奈川県内で14日、新型コロナウイルスに感染した50~80代の男女6人の死亡と、新たに485人の感染を発表した。県と6市の保健当局が発表した。新規感染者が500人を下回ったのは7月20日以来、56日ぶり。
 横浜市は50代の男女の死亡を発表した。ワクチン接種歴は不明。男性は入所する障害者入所施設で感染者が出たため検査を受け、5日に陽性が判明。11日に呼吸状態が悪化し、入院したが12日に死亡した。女性は8月15日に陽性が判明。自宅療養していたが、20日に呼吸状態が悪化して入院。9月11日に死亡した。自己免疫疾患があったという。
 新規感染者は191人。2つの市立中学校で、新たに5人と1人の感染が分かり、計9人と5人のクラスター(感染者集団)と認定した。市内の事業所で従業員6人の陽性が判明し、7人のクラスターと認定した。
 川崎市は50代女性と70代男性の死亡を発表した。50代女性は8月16日に発熱し、18日に陽性と判明。25日に入院したが、9月12日に亡くなった。高血圧とぜんそくの基礎疾患があり、ワクチンは未接種だった。
 70代男性は8月8日に発熱し、14日に陽性と判明。中等症と診断され15日に入院したが、9月11日に死亡した。基礎疾患はなく、ワクチン接種の有無は不明という。新規感染は116人。
 相模原市は70代男性と80代女性の死亡を発表した。男性は8月13日から発熱が続き、17日に検査して陽性と判明。自宅療養していたが20日に症状が悪化し、入院したが9月6日に亡くなった。女性は8月22日に食欲低下などがあり、25日に呼吸がしづらくなって救急搬送され、検査して感染が判明。入院したが9月8日に亡くなった。2人とも基礎疾患があり、女性はワクチン未接種だった。新規感染は41人。
 県は66人を発表。小田原保健福祉事務所管内の製造業の工場で40代女性従業員が感染し、クラスターは10人になった。工場には数百人が勤めており、週内に全員検査するという。
 横須賀市は20人の感染を発表。陸上自衛隊の部隊で1人、介護老人保健施設で入所者1人の陽性が判明し、クラスターは35人、8人。
 茅ケ崎市は26人、藤沢市は25人の感染を発表した。

PR情報

神奈川の新着

記事一覧