8月訪日客2万5900人 東京パラ入国で前年の3倍

2021年9月15日 20時33分 (共同通信)
 観光庁が入るビル=東京都千代田区霞が関

 観光庁が入るビル=東京都千代田区霞が関

 観光庁が15日発表した推計によると、日本を8月に訪れた外国人は前年同月比約3倍の2万5900人だった。東京パラリンピック出場選手や関係者らの入国が本格化し、総数を押し上げた。新型コロナウイルス流行前の2019年8月比では99・0%減だった。
 主な国・地域別では米国の3千人が最多。中国2400人、フランス1800人、韓国1600人、英国1300人、ドイツ千人と続いた。
 訪日客数は法務省の出入国管理統計から推計。7月も東京五輪関係の来日が増え、5万1100人を記録していた。新規入国の一時停止など水際対策は続いているため、9月以降は大会前の水準に戻る見込みだ。

関連キーワード

PR情報