動物の絵 日本とヨーロッパ 府中市美術館 前期9月18日〜10月24日 後期10月26日〜11月28日

2021年9月16日 07時48分

円山応挙《雪中狗子図》(部分) [前期展示9月18日〜10月24日]

 伊藤若冲、円山応挙、長沢蘆雪らによる江戸絵画を中心に、個性豊かな日本の動物画を紹介する展覧会です。さらに、モロー、ルドン、ゴーギャンらが描く西洋の動物画を展示し、日本の作品と比較することによって、その独自性と魅力に、より深く迫ります。
 ◇会場 府中市美術館(東京都府中市)※会期中、展示替えあり。同館ホームページをご覧の上、感染予防対策にご協力ください
 ◇開館時間 午前10時〜午後5時
 ◇休館日 月曜日(ただし20日は開館し、翌21日休館)
 ◇観覧料 一般1000円、高大生500円、小中生200円
 ◇主催 東京新聞、府中市美術館
 ◇後援 在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
 ◇協力 日本航空、ルフトハンザ カーゴ AG
 ◇問い合わせ ハローダイヤル=(電)050(5541)8600

PR情報