「原発再稼働、現実的」...河野太郎氏は「脱・脱原発」? 近しい自民議員取材応じず、野党議員「変節と感じない」

2021年9月16日 11時46分
 17日告示の自民党総裁選への出馬を表明している河野太郎行政改革担当相。長年、東京電力福島第一原発事故以前から核燃料サイクル政策を批判し、脱原発を主張してきたが、先日の出馬会見では、「安全が確認された原発を再稼働していくのが現実的だ」と、安倍・菅政権時代と変わらぬ原発温存路線を踏襲した。政権を取るために節を曲げ「脱・脱原発」したのか。それとも政権を取ったら…という秘めた考えがあるのか。(石井紀代美、荒井六貴)

◆再稼働容認は条件付き

出馬記者会見で「再稼働が現実的」と述べた河野太郎氏=10日、東京・永田町の衆院第1議員会館で

 「考えが変わったということか。それとも持論を抑えているのか」。10日午後に開かれた河野太郎氏の出馬会見。冒頭あいさつ後の質疑応答で、最初に飛び出た質問は、これまで掲げてきた脱原発の姿勢を問うものだった。
 それに対し、河野氏はこう答えた。「安全が確認された原発は、当面は再稼働していく。それが現実的なんだろうと思います」
 この発言には前段がある。河野氏はまず、気候変動に対応するために政府が掲げる目標「2050年までのカーボンニュートラル(温室効果ガス実質排出ゼロ)達成」に言及。実現には、石炭、石油、天然ガスを使った発電から脱却する必要があり、その代わりに再生可能エネルギーを最大限活用する一方、省エネも推進する。前出の再稼働容認は「それでも足りない」場合に、との意味合いだ。
 とはいえ河野氏は、特に東京電力福島第一原発事故以降、脱原発の立場を鮮明にしてきただけに、条件付きながら再稼働を容認するのは「後退」ととれる。

◆「脱原発派か」問われ「1つの言葉でくくるのは...」

 一方、総裁選向け政策パンフレットには原発関連の記述はなく、「産業界も安心できる現実的なエネルギー政策をすすめます」とあった。経団連は今年3月、エネルギー政策に関する提言書を発表。そこでは、原発を「脱炭素電源」とし、カーボンニュートラル実現のためにも積極的な活用が必要だと強調。現在の稼働年限、60年を超える運転や原発のリプレース・新増設まで主張している。

「産業界も安心できる現実的なエネルギー政策をすすめます」と表記された河野氏の政策パンフレット


 会見では、「新増設は現時点では現実的ではない」とはしながらも、「今現在、自分は脱原発派だと思いますか」との問いに「どういう定義で脱原発と言うのか、人によって違うと思いますから、何か1つの言葉でくくるのはやめておいた方が良い」とした。

◆市民団体に不満と期待

 かつて、河野氏を講演会に招いたことがある脱原発系市民団体の関係者は、今回の河野氏の発言をどう受け止めているのか。
 「脱原発の色が薄まった言葉遣いに不満はある」。福島事故があった11年12月、岐阜県垂井町での河野氏の講演を企画したNPO法人「泉京せんと・垂井」の神田浩史理事はこう語る。
 定員700人の同町文化会館大ホールが満席だった講演を振り返り、「熱い口調で『脱原発は今すぐにでも』というような言い方。非自民派の聴衆に『自民にもこんな議員がいるんだ』と強い印象を残した。それと比べると、今の河野さんに物足りなさは感じる」。
 12年4月には、原発城下町の福井県敦賀市でも熱弁を振るっていた。主催団体の事務局長だった山本雅彦さんは、河野氏が「福島の事故は奇跡の上に奇跡が重なって、あの被害にとどまった。そうでなければ、東京全体が壊滅していた」と言ったのを覚えている。
 自分の考えと同じだっただけに、河野氏に対する山本さんの心境は今、複雑だ。「がっかりはしているが、自分個人の意見は述べないようにしているだけではないか。もし総理になれば、脱原発にぐーっと傾いていくのでは。そこに期待しないと、しょうがない」
▶次ページ:近しい議員らが読み解く真意
前のページ

PR情報

政治の新着

記事一覧