選択的夫婦別姓、自民総裁選の争点に 野田氏「実現目指す」河野氏「賛成」岸田氏も… 高市氏は慎重

2021年9月16日 19時00分
「選択的夫婦別氏制度を早期に実現する議員連盟」設立総会の冒頭、これまでの経緯について話す呼び掛け人の浜田靖一会長(中央)=3月、東京・永田町の参院議員会館で

「選択的夫婦別氏制度を早期に実現する議員連盟」設立総会の冒頭、これまでの経緯について話す呼び掛け人の浜田靖一会長(中央)=3月、東京・永田町の参院議員会館で

 夫婦がそれぞれ望む姓を使える選択的夫婦別姓制度が自民党総裁選の争点に急浮上してきた。16日に立候補を表明した野田聖子幹事長代行は党内で別姓賛成の立場から長く議論を主導。すでに立候補を表明している河野太郎行政改革担当相も同日、賛成の立場を明言した。党内では賛否が割れており、高市早苗元総務相は導入への慎重姿勢を鮮明にしている。(デジタル編集部)

◆野田氏、「元祖」別姓推進派

 野田氏は16日の記者会見で「私が政治家として取り組んできている小さき者、弱き者を奮い立たせるような政策がなかなか見つけ出すことができなかった」と出馬理由を説明。「これから日本が求められているのは多様性だ」と強調した。
 野田氏は若手のころから筋金入りの別姓推進派で、慎重派の急先鋒である高市氏とは長く「野田・高市論争」を繰り広げてきた。2002年には党内の反発を考慮し、選択的夫婦別姓制度を家庭裁判所の裁定を通じて例外的に実現させる法案の提出を目指したが、保守派の壁は厚く、断念している。野田氏は16日、記者団に個々の政策については説明しなかったが、自身の会員制交流サイト(SNS)の冒頭では「個々の生き方を尊重し、選択的夫婦別姓の実現を目指します」と明言している。

◆河野氏、同性婚も賛成

 河野氏も16日、報道各社のインタビューに応じ、同性婚と選択的夫婦別姓について「いずれも賛成だ」と明言。「こういう価値観が問われる問題については、国会で党議拘束をやめて広くご議論するのがよいのではないか」とも語った。党の統一見解で縛らずに議員1人1人の判断に基づいて議論することを提案して、選択的夫婦別姓制度の賛成派、反対派の双方に配慮した形だ。

◆岸田氏も慎重姿勢から一転か

 岸田氏は14日の報道各社とのインタビューでは「(夫婦の間に)複数のお子さんがいた場合に、そのお子さんはどうなるのか。それぞればらばらなのか、あるいはいつ、誰がそれを、姓を決めるのかなど、国民の中でもまだ十分その点について整理ができていないのではないか」と導入には慎重な姿勢を示していた。
 ただ、社会問題にはもともとリベラル的な考えを持っており、党有志議員が3月に「選択的夫婦別氏(別姓)制度を早期に実現する議員連盟」を設立した時には、野田氏とともに参加。同議連の設立趣意書は「夫婦同氏を強制する現行制度は、個人の尊厳を確保する形での見直しが不可欠だ」と指摘している。総裁選出馬直後は保守の岩盤支持層への配慮がみられたが、最近は軌道修正を図っているとみられる。

◆高市氏、野党の導入案に「反対」

 高市氏はもともと選択的夫婦別姓制度に慎重で、今年1月、党内の他の保守系議員有志とともに、制度導入に反対する文書を地方議員に送っている。
 8日の出馬会見では、野党が国会に提出している選択的夫婦別姓を認める法案に対し「あの案の内容なら残念ながら反対だ」と発言。総務相時代に、住民票に婚姻前の氏も併記できるようにしたことなど挙げて「不便を感じる方が少なくなるように、懸命の努力を続けてきたつもり」と述べ、旧姓の通称使用の拡大で解決を図る姿勢を示した。

◆野党は衆院選での争点化目指す

 野党第一党の立憲民主党は13日、衆院選の公約として選択的夫婦別姓の制度化を発表した。枝野幸男代表は記者会見で「自民党内は強硬な反対論が大方を占めており、誰が総裁になろうとできない」と強調。自民との対立軸の1つに位置付ける戦略を鮮明にした。
 立憲や共産党、社会民主党、れいわ新選組が8日に合意した市民連合の野党共通政策にも「選択的夫婦別姓制度の成立」が盛り込まれている。国民民主党も15日に発表した重点政策で、「選択的夫婦別姓を実現」と明記した。

PR情報

政治の新着

記事一覧