「うまくやれば殺せた」「乗ったやつ運悪い」「電車内なら大量に…」容疑者に反省なし 小田急線刺傷

2021年9月17日 00時00分
 東京都世田谷区の小田急線の電車内で乗客が刺傷された事件で、無職対馬悠介容疑者(36)=川崎市多摩区=が「電車に乗り合わせたやつらの運が悪かった。もっとうまくやれば殺せた」と供述していることが、捜査関係者への取材で分かった。警視庁成城署捜査本部は17日、都内の30代の男性会社員に対する殺人未遂容疑などで再逮捕する。

小田急線電車内で乗客が刺され騒然とする祖師ケ谷大蔵の駅ホーム =8月6日

◆「勝ち組女性やカップル標的」

 捜査関係者によると、事件から1カ月以上がたつが対馬容疑者から反省の言葉はなく、「勝ち組の女性やカップルを標的にした」「逃げ場のない電車内なら人を大量に殺せると思った」などの供述を繰り返しているという。
 対馬容疑者は8月6日午後8時半ごろ、成城学園前―祖師ケ谷大蔵間を走る快速急行の車内で、男性会社員の腕を牛刀で切り付け、1週間のけがを負わせた疑いが持たれている。車内では4人が牛刀で切られ、うち都内の女子大生(21)が重傷。他に6人が避難時の転倒などで軽傷を負った。
 事件当日の昼、対馬容疑者は新宿区の食料品店で万引しようとして女性店員に見つかり、通報されていた。「店員を殺してやろうと店に戻ったが、閉まっていたので電車を狙った」と供述しており、捜査本部は食料品店での窃盗未遂容疑などでも再逮捕し、全容解明を進める。
 対馬容疑者は女子大生ら2人に対する殺人未遂容疑などでこれまで2回逮捕されていた。

関連キーワード


おすすめ情報

社会の新着

記事一覧