小田急線刺傷事件の対馬容疑者を殺人未遂や窃盗未遂などで再逮捕 警視庁

2021年9月17日 12時09分
対馬悠介容疑者=8月撮影

対馬悠介容疑者=8月撮影

 東京都世田谷区の小田急線の電車内で乗客が刺傷された事件で、警視庁成城署捜査本部は17日、都内の男性会社員に対する殺人未遂や、事件当日に新宿区内の食料品店で万引しようとした窃盗未遂容疑などで、川崎市多摩区の無職対馬悠介容疑者(36)を再逮捕した。逮捕は3回目。殺人未遂容疑については一部否認している。
 対馬容疑者は食料品店で女性店員に通報されたことに腹を立て「店員を殺してやろうと店に戻ったが、閉まっていたので電車を狙った」と供述している。捜査本部は刺傷事件のきっかけになったとみて調べる。
 再逮捕容疑では、8月6日午後8時半ごろ、成城学園前―祖師ケ谷大蔵間を走る快速急行の車内で、都内の30代の男性会社員を殺そうと牛刀で切り付け、右腕に1週間のけがを負わせたとされる。
 捜査関係者によると、男性は、胸など7カ所を切られて重傷を負った都内の女子大生(20)と、軽傷を負った女性会社員(52)の次に狙われたとみられる。ほかに1人が切られ、6人が避難時の転倒などで負傷した。
 これまでの調べに、対馬容疑者は「約6年前から幸せそうな女性を見ると殺したくなった」「乗客が逃げ惑う姿を見て満足した」と供述。大勢の乗客を巻き込もうと、車両にサラダ油をまきライターで着火も試みていた。反省の弁はなく、「もっとうまくやれば殺せた」などと話している。

関連キーワード

PR情報