<新型コロナ>神奈川県で547人感染、ワクチン未接種の4人死亡 保育園などでクラスター

2021年9月17日 18時20分
 神奈川県内で17日、新型コロナウイルスに感染した横浜市の50~90代の男女4人の死亡と、新たに547人の感染が明らかになった。県と6市の保健当局が発表した。
 横浜市によると、死亡した4人はいずれもワクチンを接種していなかった。50代男性は感染経路不明で8月21日に発熱し、23日に緊急搬送され陽性が判明、26日に死亡した。基礎疾患は無かった。70代男性は市内の病院に入院中の9月10日に陽性が判明、17日に死亡した。90代女性はクラスター(感染者集団)が発生した新戸塚病院(戸塚区)の入院患者。院内のPCR検査で陽性が判明した。新規感染は227人。牧野リハビリテーション病院(緑区)で患者6人の感染が分かり、クラスターと認定した。
 川崎市は123人の感染を発表した。14日から休園している麻生区の認可保育園の園児9人が含まれ、既に陽性が分かった園児1人と合わせ、市は計10人のクラスターと認定した。9人はいずれも無症状で、濃厚接触者の調査で判明したという。
 県は78人を発表。海老名総合病院(海老名市)の入院患者3人、小田原保健福祉事務所管内の製造業工場に勤める20~50代の従業員7人、厚木保健福祉事務所管内の高齢者福祉施設の80代女性入所者が感染し、クラスターはそれぞれ87人、32人、6人になった。ただ、同病院の3人の感染判明は7月30~8月2日で、県の発表が遅れたため、クラスターは終結しているという。
 相模原市は68人を発表した。市外公表分を含め5人の感染が確認されていた南区の介護サービス事業所で利用者と職員各1人の感染が新たに分かり、計7人のクラスターと認定した。いずれも緑区にある製造業の企業で2人、学習塾で中学生4人の感染が新たに判明し、クラスターは各24人、9人となった。
 藤沢市は32人を発表した。このうち10歳未満の5人は市内の同じ認可保育施設に通う園児。この施設ではこれまでに保育士1人、園児2人の感染が確認されていて、関連する感染者は計8人となり、クラスターと認定した。
 横須賀市は8人を発表。陸上自衛隊で1人、市内の介護老人保健施設で入所者2人が陽性となり、クラスターは55人、12人となった。茅ケ崎市は11人を発表した。

PR情報

神奈川の新着

記事一覧