「パパ活で盗んだ時計売ってホストにつぎ込んだ」女子大生を窃盗容疑で逮捕 10人で被害総額3500万円超

2021年9月18日 07時09分
 デートなどの対価に金銭を受け取る「パパ活」で知り合った男性から高級腕時計を盗んだとして、麻布署は十七日、窃盗の疑いで、港区の女子大学生(19)を逮捕したと発表した。「パパ活で盗んだ時計を売って、好きなホストにつぎ込んだ」と容疑を認めている。
 逮捕容疑では七月二十一日午後九時ごろ、同区六本木のラブホテルで、マッチングアプリで知り合った都内の男性会社役員(37)がシャワーに入った隙に男性の高級腕時計(千三百万円相当)を盗んだとされる。約十人が同様の被害に遭い、被害総額は三千五百万円を超えるとみられる。
 署によると、女子学生は事件翌日、都内の質店で時計を売り、数百万円を得たという。署は今月、女子学生と質店に訪れた二十代のホストの男を盗品等処分あっせん容疑で逮捕。女子学生は「六月から盗みをしていた」と話しているという。

関連キーワード

PR情報

東京の新着

記事一覧