お客さま目線で 巴商会(大田区)・深尾定男社長<リーダーズ>

2021年9月19日 07時14分
 「われわれは安全を売る商売だ」。産業ガス専門商社の巴商会(大田区)の深尾定男社長(70)は社員教育に力を入れる。産業ガスは製造業や医療、建築などあらゆる業種の工場や研究所で使われる。だが、取り扱いを間違えると命を奪う可能性があるためだ。
 仕事で生じたヒヤリ・ハット情報を共有する社内システムを二〇〇一年に導入。高圧ガスを運ぶトラックにドライブレコーダーを設置し、体調や運転の仕方を確認する仕組みも作った。
 一九五〇年に創業した初代社長の義父が大切にした「お客さまのためになることをする」を基本理念に掲げる。深尾社長は「お客さま目線で仕事をすると信用ができ、自分に返ってくる」と話す。

関連キーワード


おすすめ情報