食すすむ?「ハシ鉄」人気 わたらせ渓谷鉄道のトロッコ列車の絵柄印刷

2021年9月19日 07時50分

わ鉄のわっしー号(左)などを模したはし「ハシ鉄」

 わたらせ渓谷鉄道(本社・みどり市、わ鉄)のトロッコ列車の絵柄が印刷されたはし「ハシ鉄」が人気を集めている。六月初めの発売以来、八百膳以上が売れたほどだ。絵柄は「トロッコわっしー号」など三種類を用意している。一膳八百四十円。
 同社では六月、ハシ鉄の第一弾として「トロッコわたらせ渓谷号」の二種類を発売すると、すぐ売り切れるほどの好評ぶりだった。わたらせ渓谷号の在庫を増やした上で、第二弾となるわっしー号を八月一日、売り始めた。はしは長さ一九・五センチで樹脂製。子どもから大人まで使えるサイズだ。
 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言で、実物のわっしー号は三十日まで運休中だ。品川知一社長は「列車に乗った気分で、ハシ鉄を楽しんでほしい」とアピールしている。
 はしは、わ鉄の大間々と相老、通洞(つうどう)の各駅や一部列車内で販売。インターネットのYahoo!ショッピングのほか、電話での通信販売にも応じている。問い合わせは平日に、わ鉄=電0277(73)2110=へ。(池田知之)

関連キーワード

PR情報

群馬の新着

記事一覧