共産・山添拓参院議員が書類送検 鉄道写真撮影で線路横断 ツイッターに「軽率と反省」

2021年9月19日 09時31分
書類送検を報告する山添拓参院議員のツイート

書類送検を報告する山添拓参院議員のツイート

 共産党の山添拓参院議員は18日、自身のツイッターで、埼玉県警から軽犯罪法違反容疑で書類送検されたと投稿した。昨年11月3日、趣味の鉄道写真を撮りに行った際、同県長瀞町の秩父鉄道の横断を禁止されている線路を渡ったという。(デジタル編集部)
 山添氏は「地域住民によって道がつけられ、水路に渡し板がかけられていた箇所を、列車が接近していない時間帯に、通行可能な道であるという認識のもとに、約1秒程度で渡りました」と説明。「軽率な行為だったと反省しています」と書いた。
 ツイートは投稿後、15時間で3700件以上リツイートされた。「誠実さを感じました」と理解を示す反応や、議員辞職を求める声、「マナー啓発に努めては」という提案などが寄せられている。
 参議院や山添氏のウェブサイトによると、山添氏は2010年に司法試験に合格し、翌11年に弁護士登録。16年に参院選東京都選挙区で立候補し、初当選した。趣味は「登山、スキー、写真撮影(鉄道写真など)」という。

関連キーワード


おすすめ情報

政治の新着

記事一覧