詐欺被害の防止貢献 信金2職員に感謝状

2021年9月21日 07時15分

感謝状を受け取る朝日信用金庫の職員=警視庁本所署で

 特殊詐欺の被害防止に貢献したとして、警視庁本所署は、朝日信用金庫の男性職員二人に感謝状を贈呈した。署によると、勤務先に、女性から消費税の還付金について尋ねる電話があり、詐欺と直感した二人が自転車で女性宅に急行して受け子の男を取り押さえた。
 二人は墨田区内にある支店の支店長(48)と営業担当(30)。八月二十三日午後、電話をかけてきた同区の七十代女性と連絡が取れなくなったため、約三分で女性のマンションに駆け付け、同信金職員を名乗る男を取り押さえると、警察官に引き渡した。男が女性からキャッシュカード二枚を受け取った直後の確保だった。
 支店長は「体が勝手に動いた。女性が被害に遭わなくて良かった」と笑顔。本所署の大野賢司署長は「判断が素早かった」と二人をたたえた。

関連キーワード

PR情報

東京の新着

記事一覧